ずいぶん前ですが私の通っていた看護学校で修学旅行を兼ねた研修旅行に行きました。

2泊3日で行先は東京。

新幹線に乗ってホテルに着くまではみんな一緒に行動ですがホテルにチェックインした後は自由行動です。
2日目の聖路加病院の見学研修と3日目のディズニーランドだけは皆で行くことになっていました。
後はどこへ行こうが自由なので皆それぞれ友達通しで予定を立て楽しみました。
私達は原宿や渋谷に出てショッピングをしたり雑誌で調べたお店に行って美味しいものを食べたりして楽しみました。
聖路加病院の見学はとても刺激を受けました。

まだ実習でしか病院とかかわったことはなかった頃でしたが、聖路加病院の志の高さに驚いたことを覚えています。
各病室にナースコールが設置されていないことも驚きでした。

患者さんがナースコールを押す必要がないように看護師は常に患者さんの近くにいて接することを前提にナースコールを設置していないという話を聞いて、これこそが患者さんに寄り添う看護師の姿なんだな、と思いました。
病院の中に教会もあり死期の近い人はここでお祈りをすることもあるのだと聞かされました。
自分が知っている病院の姿とはずいぶん違うので本当に驚きました。

聖路加病院で一日見学研修をして次の日はディズニーランドで思いっきり遊んできました。
最初は看護学校の研修旅行なんてつまらないだろうと思っていましたが、私にとってはとても意義深い見学研修でした。
看護師として働く前に見学できて本当に良かったと思っています。

この研修旅行に行く前はもちろんディズニーランドを一番の楽しみにしていましたが、終わってみれば聖路加病院での見学研修が一番記憶に残っていて思い出深いものになりました。