皆さん看護師と聞いてどんな姿が思い浮かびますか?

私はワンピーススタイルの白衣を着てナースキャップをかぶった姿を思い浮かべます。

今はどの医療施設でもほとんど見ることができなくなってしまったナースキャップ。

ちょっと前までナースキャップは看護師の象徴でしたよね。

でも、ずいぶん前にいろいろな処置の時に引っかかって邪魔だとか意外に不潔だとの意見が出て一気に廃止する病院が増えたようです。

私は結構好きだったんですけどね、ナースキャップ。

私はどんなきっかけだったのかもう忘れてしまいましたが、子供のころから自分は大きくなったら看護師になるんだとずっと思ってきました。

そして、いつかあのキャップをかぶるんだという思いをずっと持っていました。
看護学校の戴帽式で念願のキャップをかぶせてもらった時は本当に嬉しかったです。

私が看護師になった頃はナースキャップ廃止論などなかったので、普通にキャップに収まるように髪をまとめてキャップをかぶっていました。

それが、子育てのため職を慣れている間にいつの間にかナースキャップ廃止論が出てきてあっという間に廃止する病院が広がってしまいました。

 

廃止すると聞いたときはとても残念に思いましたが、ナースキャップが不潔で菌の温床になることもあると聞いた時は仕方がないのかな、と思いました。

確かに白衣はまめにクリーニングしますが、ナースキャップをクリーニングに出す頻度はぐっと減ります。

しかもいつも頭髪や頭皮に触れているし、形を整えるための糊付けが菌を繁殖しやすいと言われれば確かにそうだな、とも思います。

でも、やっぱり私にとってナースキャップは看護師の象徴です。

実際にはかぶって仕事はできないけど、戴帽式でキャップをもらった時のことを忘れずにこれからも看護師としての誇りを持って仕事をしていきたいです。