引っ越ししたアパートから病院へは自転車で15分。日勤の時は遅刻しないよう、いつもより少し早起き生活が始まりました。

どこの道から行くと安全か、とか、スムーズに行けるかを考えながらの通勤は案外楽しいものです。

帰りは暗くなっているけど、おいしそうなお店はないか、とか、面白そうなお店はないかなと散策しながら帰ると、結構意外なお店を発見できたり店先に変わったオブジェの置いてある気になるお店を発見して、今度休みの日に行ってみようと計画をたてるわけです。

仕事で嫌なことがあっても、自転車で風を切って走っているとストレス発散にもなりました。

アパートに帰る途中で食料調達の買い物をしたり、同期や後輩とカフェでごはんをしてグチを言い合ってから帰ったり。

今までにない生活スタイルがあるのが新鮮でした。

 

夜勤帯の時にはタクシーチケットが出るのでタクシーで病院に行き、朝仕事が終わって帰るときには歩きかタクシーか電車になるわけですが
ダイエットも兼ねて眠い目をこすりながら30分程、日差しがサンサン降り注ぐ日も日焼けなんか気にせず無防備に歩いて帰るのです。

この時にも自転車では見つけられなかったお店を見つけてはテンションを少しでも高めてアパートを目指します。

家に着くとお風呂にも入らず、というか疲れすぎて入れず、ベッドに直行してバタンキュー。この瞬間が気持ち良いんです。

目覚めるとたいてい夕方ですが、2、3回朝まで寝てしまったこともあります。なのでその時はパニックです。

だから起きた時は夕方なのか、次の日の朝まで寝てしまったのかテレビをつけて確認しないといけません。

起きてからお風呂に入り、夕食を調達してダラダラのんびりする時間が大好きでした。