少し前の藩士です。

八年実家を離れて県外で働いていました。もうそろそろ実家に帰って地元の病院で働こうかな、と思い辞職を決意しました。

まず両親にこの思いを伝えたところ、こっちで楽しく働いている話をしていたのでもう戻ってこないと思っていたようですごく喜んでくれました。

でも半年くらいは仕事を休みたいことを伝えても、良いよ良いよと言ってくれました。

三月いっぱいで病院を辞めましたが、一か月くらいは仲の良かった看護師さんの家に寝泊まりさせてもらって遊んでいました。

その頃は美容クリニックに努めたい、という思いもあったので、美容整形外科 求人を探してみたり、他の職業の人がどんな感じで転職するのかも興味があったので、同じ職場で働く仲間であった薬剤師求人 口コミを見たりして過ごしていました。

 

結局、転職活動はなかなか進みませんでした。

もうそろそろ帰ろうかなと思い実家へ帰りました。私は無職になったので、両親は働いているし掃除・洗濯・料理は私がすることになりました。

八年一人暮らしをしていましたが、簡単な食事しか作ってこなかったので、両親も食べると思うとインターネットなどを見ながらレシピを探して作っていました。

食材はたくさんあるし、一人分から三人分になったので作りがいもあります。

地元の友達と遊ぶことになっても、飲み会に誘われても、両親の夕ごはんを作ってから遊びに出掛けました。

一人暮らしをしている友達の家で飲むことになった時はおつまみを作って差し入れもできるようになりました。

八か月ご飯を作っていたらかなり上手になったし、レパートリーも増えたと思います。

掃除を一人でするのは寂しいので、ルンバちゃんに手伝ってもらいながら一緒にしていました。

結婚出来るかどうかわかりませんが、花嫁修業のつもりで頑張ります。