夏休みに看護師仲間三人で台湾旅行に行きました。台湾へは3回目です。

まずは国立故宮博物院にいきました。白菜に似せて彫刻された翠玉白菜や豚の角煮に似た肉形石が有名ですが、見事でした。お土産に翠玉白菜のストラップを買ってしまいました。

次に忠烈祠に行きました。広い敷地の入り口には兵士がピクリとも瞬きもせず立っていました。次に一時間ごとに行われている衛兵交代を見ました。

綺麗に揃って行進をする姿は綺麗でした。しかも選抜された若者みたいです。行進のまねをして写真をパシャリ。

台北101にも行きました。前回台湾に来た時は不運にも台風が直撃していて台北101は休みで入れなかったので念願の101です。

 

ここで買い物というよりは展望台に行くことがメインでした。展望台に上がってみると、風が強かったですが見晴らしは最高でした。

九ふんにも行きました。千と千尋の神隠しのモデルになったのではとも言われていて、それから知りましたが、古い趣きがあってのんびりした雰囲気の良い所でした。

お茶屋さんにお土産物屋さんなどがたくさん並んでいました。

電車に乗って移動していた時、座席はいっぱいだったので吊皮をにぎって友達とワイワイ話しをしながら乗っていました。すると、現地のおばさんがいきなり私の手だけを引っ張って歩いて行くのです。

エッ、うるさかったのかな、怒られる、と思っていたら、座席まで連れて行き座らせてくれたのです。するとおばさんはどこかに行ってしまいました。

私は、とてもビックリしっぱなしで、なんで?とも、ありがとう、とも言えず、なぜ私だけ連れて行かれたのだろう、と友達とも話していました。

おそらくですが、私は大きめのワンピースを着ていたので、妊婦さんに間違われたのではないかという結論に至りました。

私、お腹出てないですけど、と思いましたが、とても優しいおばさんだったんだな、と勘違いとはいえ素敵な行動ができる台湾の人に心が温まりました。