血液腫瘍内科患者の維持療法に輸血もあります。化学療法の副作用で赤血球値や血小板値が低下した患者さんに使用したり、再生不良性貧血のため輸血が必要な患者さんなどが居ます。

まず輸血の管理をしている輸血部で患者名、血液型、Rh型、製剤番号、照射済みかどうかのダブルチェックをして間違いがないかを確認してから病棟に持ちだし、病棟でも患者さんに投与する前に看護師2人でダブルチェックをします。

患者さんの所に行くと、患者さんに名前の確認と血液型を確認してもらってから投与を始めます。

以前に輸血を投与して掻痒感や膨隆疹、吐き気などアナフィラキシーショックを起こしたことのある患者さんにはアレルギーを抑える前投薬を投与してから輸血を開始します。

 

毎日5,6人ほど輸血が必要な患者さんがいたので、5分ほど患者さんのそばで様子を見て問題ないと判断したら次の患者さんの所へ行き輸血をする、の繰り返しになります。

患者さんには痒いとか吐き気などの症状が出たらすぐにナースコールをして知らせて欲しいことを説明します。

看護師は患者さんに輸血を投与してから15分後にもタイマーをそれぞれかけて観察を行います。輸血の副作用が出たらすぐに対応できるように、定期的に患者さんの観察が必要となります。

血小板の輸血の時に膨隆疹が出てしまう患者さんは少なからずいます。

皮疹が出たら一旦輸血を止めて医師に報告し診察をしてもらいます。アレルギーを抑える注射をして様子を見ながら輸血を再開することもありますが、途中で中止になる場合もあります。

赤血球の輸血をしている時に、吐き気と悪寒の症状が出て身体がブルブル震えてしまった患者さんもいました。

そんな重症な時はすぐに輸血は中止になります。血圧などを測定し異常を来していないか細かくチェックすることになります。毎日行われる輸血も気が抜けない医療行為の一つです。