勤務地に家から近い病院を選んだのは通勤に便利だからですが、近い分ご近所の人が入院してくるということが多々ありました。 前の病院では絶対ないことだったので、この状況に慣れるのに時間がかかりました。 この病院で働きだして半年 …
高校生の女の子が急性骨髄性白血病で緊急入院してきました。 数日前から熱が下がらないため病院に診察に行くと白血病の可能性が高いということで私の働いている病院に転院してきました。 急に白血病と言われた彼女はずっと泣いていて、 …
イレウスの患者さんも入院していました。イレウスとは食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞り、肛門側まで流れず障害される病態のことです。 70歳代の男性でしたが、元来便秘症の方でした。 家でのんびりしていた時に突然お腹が痛く …
肝硬変で入院している患者さんはたくさんいました。C型肝炎を長いこと患っていて、肝細胞がん、肝硬変に移行してしまった70才代の男性がいました。 ビリルビン値が高くなって、皮膚や眼球が黄色くなってしまう黄疸が見られました。胆 …
私の両親と姉夫婦と姉の子供二人が一年に一回遊びに来てくれます。 毎回、姉の子供は車の中ではしゃぎすぎて喧嘩をして不機嫌になっているか、はしゃぎすぎて車酔いをしてグッタリしています。 そんな感じで甥っ子姪っ子とは、嫌な感じ …
クローン病や潰瘍性大腸炎は小腸や大腸などの消化管の粘膜に炎症を起こして糜爛や潰瘍を生じる疾患ですが、原因不明です。しかも若い人に多い病気です。 入院していた潰瘍性大腸炎の患者さんは30代前半の男性でした。下痢や血便が1日 …
私の働いていた病院は骨髄移植の件数が多いらしいです。なので地方の病院から医師側と看護師側から移植の講義をしてほしいとの依頼があったようです。 それで、看護師側として誰が講義の準備をして発表に行くかを二人決めなければならな …
消化器内科病棟に異動になりました。肝臓がんやイレウス、肝不全などの患者さんがいました。 食道静脈瘤がある人はその瘤が破裂するとビックリするくらいの勢いで血を吐き出したり下血したりすることがあります。 なので破裂した時はす …
骨髄移植の合併症としてGVHDがあります。 ドナーのリンパ球が患者さんの身体に入るということは、他人の身体に入るということですからよそ者とみなして臓器などを攻撃してしまう免疫反応のことをGVHDと言います。 GVHDは適 …
臍帯血移植とは、あまり聞いたことがなかったけれど妊婦と赤ちゃんをつなぐへその緒から採れた臍帯血が血液疾患の治療に役立つらしいです。 40才代の悪性リンパ腫、30Kg台しかない細い女性が臍帯血移植をすることになりました。大 …
PAGE TOP